疲れ・コリ・痛み・痺れ・歪みに(産後のケアにも)
鍼灸ボディケア

東洋医学と西洋医学の融合

Fusion of Eastern and Western medicine

東洋医学(経絡)と西洋医学(トリガーポイント)の両面から患者さまのお身体の状況を把握し、ベストなアプローチをおこないます。

慢性・急性的なコリや痛み痺れ、自律神経症状などの改善にはトリガーポイント鍼やマッサージが効果的です。

鍼は痛いとか怖いものだと思っている方も多いと思いますが、実際は使い捨ての髪の毛よりも細い鍼を使用しますので想像されるような痛みはほとんどありません。

鍼が苦手な方はアプローチの方法を変更いたしますので遠慮なくご相談ください。

これまで関東地区を中心に数多くの痛みやしびれ、美容鍼・美髪鍼、マタニティケア、産後の骨盤矯正、不妊でお悩みの方などさまざまな症状のケアをさせていただきましたので、安心して当サロンの施術を受けていただければと思います。

トリガーポイントとは?

About Trigger Point

トリガーポイント(痛みの引き金点)の意味で、疲労した筋肉の深層にある硬くなったコリの場所のことです。トリガーポイントにアプローチされると押した所だけではなく、離れた所にズーンとした感覚を得ることがあります。

リラクゼーションや整体は表層の筋肉へのアプローチがメインであることが多いため、痛みや痺れ、慢性化した頑固な肩こりや腰痛などには持続性や効果が薄いことがよくあります。こういった症状には深部までのアプローチをするトリガーポイント治療が効果的です。

また、鍼に弱い低周波を流す事で、より深く広い範囲の筋肉を緩める事ができます。
治療後は、今まで固くロックされていた筋肉が動くようになりますので、身体が軽くなる感覚や関節の可動域も広がることを実感できると思います。

トリガーポイント

使用している鍼について

About Acupuncture

当サロンでは、衛生面にも充分な配慮をしており、使い捨ての鍼を使用しております。筋肉の層の厚さや症状に応じて鍼の太さや長さの使い分けをしております。

鍼をする場合は患者さまに負担のないようにお聞きしながら施術をいたしますのでご安心ください。

当サロン適応症状

Indication symptoms

頭痛、眼精疲労、顎関節症、顔面神経麻痺、三叉神経痛、歯痛、円形脱毛症、首痛、寝違え、肩凝り、めまい、難聴、耳鳴り、メニエール病、ストレートネック、頚椎ヘルニア、ムチウチ、四十肩、野球肩、テニス肘、腱鞘炎、手根管症候群、胸郭出口症候群、手の痺れ、腕の痺れ、背部痛、肋間神経痛、喘息
腰痛、ギックリ腰、腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、股関節痛、膝痛、足のむくみ、足の冷え、捻挫、足底腱膜炎、アキレス腱炎
慢性疲労、イライラ、不眠症、自律神経失調症、めまい、うつ、パニック障害、起立性調節障害、生理痛、不妊症、産後のケア・歪み・筋力柔軟性低下

施術後の好転反応

ameliorative reaction

鍼治療の副作用として、施術後に体がだるくなったり、眠気や熱っぽさを感じたりすることがあります。これは鍼治療で血行が良くなり、溜まっていた疲労物質が体をめぐることで起きるもので、「好転反応」と言います。
体内の疲労物質が体の外に排出されれば楽になりますので、もし好転反応が起こった場合はたっぷり水分をとって安静にするようにしてください。

施術の流れ

Flow of the treatment

1. ご予約

完全ご予約制となりますのでHP予約、お電話でご予約ください
(お電話いただき、施術中で出れない場合は折り返し致します)

2. ご来店

ご予約時間前にご来店ください。(お着替えもご用意しています)
初回は問診表のご記入をお願いいたします。

3. カウンセリング

カルテを元に、症状の内容や既往歴、生活習慣などを詳しくお聞きします。

4. 検査

症状に合わせた施術のガイダンス検査をおこないます。
(お肌の状態の検査、顕微鏡検査、歪みや筋肉のバランス検査など)

鍼灸治療

5. 施術

症状のレベル、年齢などに合わせて的確な施術をおこないます。

6. 説明

現在のお身体の状態から今後の治療方針などをわかりやすく説明したします。
予防方法なども丁寧に指導いたします。

メニュー