美容鍼を受けていただく前に、ちょっとだけお肌のお話

美容鍼, 美肌・健康
ニキビ 美容鍼

シワについて

まずシワには3つのシワがあるといわれています。
小じわ(ちりめんジワ)太くて深いシワ、表情ジワ(笑うとでるシワ)の3つです。
皮膚が乾燥する、角層・表皮が薄くなる、繊維芽細胞の数が減少し、膠原線維や弾性線維の合成が減少することなどでシワができます。
眉間、前額部のシワはそれらの変化に加えて、顔の筋肉が通常よりも収縮しすぎることが原因。
小ジワは化粧品で十分な改善がみられ、特に保湿成分が含有されているものが良く皮膚の乾燥、角層、表皮が正常化されシワの改善に働きます。
機能性化粧品のひとつである抗シワ化粧品も有効です。
これに含まれている有効成分(レチノールやその誘導体ナイアシンアミド)が線維芽細胞を刺激して膠原線維や弾性線維の合成を促しシワの改善に働きます。

太くて深いシワには、美容外科ではレーザーを含む光治療、ボツリヌス毒素注射、ヒアルロン酸注射、コラーゲン注射などが一般的におこなわれます。レーザーを含む光治療は光エネルギーが膠原線維や弾性線維に吸収されて再構築がおこり、シワが改善します。ボツリヌス毒素はコリン性動作の神経終末を破壊し、顔の筋肉の収縮が減少してシワが改善します。ヒアルロン酸やコラーゲン注射はシワで皮膚が陥没した部位に注射することで物理的にシワを改善します。

たるみとは

年齢を重ねると真皮の膠原線維や弾性線維が減少・変性してその働きが弱くなります。
また、皮下脂肪の量も増えて弾性線維の働きが低下、骨と筋肉の密着が弱くなり、皮膚自体の重みによって垂れ下がる状態がたるみになります。

くすみ・シワとは

年齢を重ねるとどんな方もくすみやシワが出てきます。
くすみとは皮膚の赤みが減って黄みが増える、皮膚のつやや透明度が減少することで、くすんで見える状態のことです。
顔の皮膚は年を重ねて起こった変化(老化ともいう)だけなく、紫外線を長期間浴びて起こった変化(光老化ともいう)も重なります。
くすみでは、血流がうっ滞し、角層や表皮にメラニン色素という黒い色素が増えて、皮膚の透明度が減ります。
さらに糖化という現象が表皮と真皮に起こり、皮膚に色がくすんで見えるのです。
シミはまわりの皮膚よりもはっきりと黒くなっている状態で、老人性色素斑(日光黒子)、肝斑、ソバカス(雀卵斑)、扁平母斑、炎症性色素沈着などが皮膚の病気として挙げられます。
どの病気でも色素細胞メラノサイトが増加したり活性化してメラニン色素が増加して起きるのです。

くすみやシワの対処法

まず、美白化粧品のよるケアが一番行いやすいと思います。
医療機関では、一般的にレーザーによる光治療が主流となっています。日光黒子に対してはQスイッチ・ルビーレザーやQスイッチ・アレキサンドライレーザーが有効とされています。この光はメラニン色素に当たって生じた熱エネルギーによりシミを壊す働きをします。
IPL(インテルス・パルス・ライト)はフラッシュランプから出る光で、レーザーとは異なり、出力が比較的弱いので痛みや副作用が少ない長所がありすが、出力が弱いために何度か照射の必要がある短所ももっています。

美容鍼灸のメカニズム

そもそもお顔に鍼を刺す美容鍼の施術行為はお顔の筋肉の表情筋、皮膚や皮下組織に微細な傷をあえて負わせています。
微細な傷を負った皮膚や筋肉、皮下組織、細胞は自己治癒力による創傷治癒が促され、新しい細胞やコラーゲン、コラーゲンを支える働きがあるエラスチンの生成が同時に促されます。
この行為は美容外科で行われるレーザー光線による膠原線維や弾性線維の再構築で起きることを美容鍼の施術で狙っています。
経絡である経穴にも当サロンの美容鍼ではアプローチします。眼精疲労が強い方には目の疲れをとるツボ、鼻炎や花粉症の方には症状を抑えるツボ、頭痛がある方にはそのツボに同時に施術を行います。ストレスや自律神経に効果の高いツボもあります。美容外科では賄うことができない症状を同時にケアできるのもこの美容鍼の魅力といえます。
上記の症状もケアされたい方はある程度の鍼の本数が必要となりますので、当サロンでは50本以上の鍼を使用するシンデレラ50、もしくはローズクイーン100をおすすめしています。

また、お顔の筋肉として表情筋があります。この表情筋は重力に負けない抗重力筋がほとんどで、わたしたちは常に地球からの重力をいつも受けていますが、この筋肉により顔が垂れ下がることがありません。

この表情筋は年齢などで上に引き上げる力が低下していきます。これは私の想像ですが、赤ん坊はよく泣きます。このときにこの抗重力筋がよく働いているので知らないうちにこの筋肉が使われています。

笑うときには口角が持ち上がるのでこのときも使っています。感情が豊かな子供のときからこの筋肉は発達していき年齢と共に筋力の低下、乾燥により収縮能力が低下してたるみの原因となると考えられます。

美容鍼の施術によってコラーゲン・エラスチンの増加、お顔の余計な緊張やコリを緩める、抗重力筋を活性化させる働きでお顔の筋肉を引き上げる効果(小顔・リフトアップ)を得ることができます。また美容鍼灸は美容外科でかかる大幅なコストを軽減、施術から創傷治癒が約2ヶ月位あり、その効果については事後効果が高いのも効果の持続性を高めているものと考えられます。

宮城県・仙台駅前徒歩4分 美容鍼・美髪鍼・ねむり鍼灸・トリガーポイント鍼灸・YOGA・フィットネス・マタニティケア・産後のケア・骨盤矯正・不妊鍼灸をおこなう完全プライベート鍼灸サロンZerostyle

参考 引用
日本コスメテック協会書

過去の投稿へ
美容鍼灸で寄せられた疑問や質問 (疑問・質問内容を追加)
次の投稿へ
アンケートご協力ありがとうございます!

ご予約

オンライン予約

関連記事

メニュー